みずほ女性クリニック

外陰部のできもの・性感染症・帯下異常

外陰部にできるできものは病気のサインです。でも、痛みやかゆみを感じないできものもあり、 病気に感染していることに気づかないケースも多くあります。性感染症はセックスによってうつる病気のことで、大半がコンドームで予防できます。また、パートナーとともにしっかりと治療に取り組めば治るものがほとんどです。ただし、感染しても自覚症状のないものも多くありますので、定期的な検診を受けるよう心がけましょう。

尖型(せんけい)コンジローマ

主に性交渉によって、ヒトパピローマウイルス(HPV: Human Papilloma Virus)に感染して起こる代表的な性行為感染症の1つです。HPVの感染には、皮膚の表層の細胞ではなく深層の細胞への感染が必要なため、好発部位は性行為で表皮に損傷を受けやすい外陰部、腟壁、子宮腟部、肛門付近、尿道口です。また、潜伏期は3週間~3カ月です。

外陰ヘルペス

主に性交渉によって、単純ヒトヘルペスウイルス1・2型(HSV)に感染して起こる病気です。外陰部や腟に水泡、潰瘍ができ、疼痛、排尿困難、発熱、リンパ節腫脹を認めます。潜伏期は2日~1週間です。 また、一度感染してしまうとウイルスが体内に潜伏し、からだの抵抗力が落ちたときや、性交や月経等何らかの刺激があったときに再発することがあります。

クラミジア感染症

性感染症の中で一番多く認められます。 症状があまりないことが多く、感染に気がつかないため、罹患率が最近上昇傾向にあり、妊婦の5~8%、若い女性の15~25%が感染しているとされます。感染が進行すると、不妊症の原因となる卵管炎や腹腔内の癒着を引き起こすことがあります。潜伏期間は2~3週間です。

淋病

淋菌という病原菌が原因で、性行為(口による性行為も含む)によって感染します。クラミジア同様に生殖器だけではなく、口腔内に感染することもあります。また菌自体は非常に弱いもので、性行為による接触以外では、ほぼ感染しません。クラミジアと同じく、症状があまり出ないこともあります。症状としては、異臭のあるおりものが増える、発熱、下腹部痛がみられ、潜伏期間は3~9日間です。最近は抗生剤が効きにくい菌の増加も報告されています。

トリコモナス腟炎

腟内にトリコモナス原虫といわれるものが感染して起こる性病です。悪臭のある黄色から淡い灰色、あわ状のおりものが増える、かゆみをともなうことから、比較的感染に気がつくことが多いようです。潜伏期間は3~10日間です。

カンジダ腟炎

おりもの異常を起こす病気の中で最もポピュラーな感染症で、「カンジダ真菌」というカビが異常に増えることによって発症し、強いかゆみをともない、酒かす様の帯下を認めます。 カンジダ真菌はもともと腟の常在菌で、抗生物質やピルの服用、抵抗力の低下により増殖します。 また「感染症」といっても、「性感染症」とは異なりますので、性行為がまったくなくても発症します。

バルトリンのう腫

バルトリン腺とは、小陰唇(しょういんしん)の付け根、腟口の側面にあり、性交時に半透明の粘液を分泌する腺です。セックスの摩擦や出産時など、何らかの刺激によってバルトリン腺が傷つけられたことが原因でバルトリン腺に分泌液がたまってのう腫となり、膨れ上がります。バルトリン腺に大腸菌やブドウ球菌、淋菌などが感染すると、赤く腫れて強い疼痛が生じます。

帯下・外陰異常一覧

症状 疑われる病名
かゆみが強い カンジダ トリコモナス
痛みが強い 性器ヘルペス カンジダ 接触性皮膚炎(かぶれ)
腫れがある バルトリン腺のう腫
量が多い・においがきつい 非特異性腟炎 淋病 クラミジア トリコモナス腟炎
色が濃い クラミジア 淋病
イボがある 尖型コンジローマ