みずほ女性クリニック

専門医による婦人科ドック

人間は年齢を重ねると様々なリスクが増え、婦人科特有の病気も増えます。子宮がん、卵巣がんや乳がんなどの病気は、決して人ごとではありません。早期発見のために、定期的な検診をおすすめします。当クリニックでは、日本産科婦人科学会専門医、日本超音波医学会超音波指導医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、がん治療認定医、および日本臨床細胞学会細胞診専門医を取得した医師により、診断・治療・フォローアップを実施させていただきます。また「専門医による痛みをともなわないがん検診」をモットーに、従来、痛みをともなった子宮体がん検診を、超音波断層法による新しい検診方法で実施します。とくに自覚症状が無くても年に1度は婦人科検診を受けられることをおすすめします。

専門医による婦人科ドックのインターネット予約について

①ブライダルコース、②ウィメンズコース、③子宮頸がん・体がん・卵巣がん検診、④乳がん・子宮頸がん・体がん・卵巣がん検診、⑤乳腺エコー

上記の婦人科ドックにつきましては、初診の方でもインターネット予約が可能です(インターネット予約は2週間先からになります)。

2週間以内に検査をご希望の方
直接クリニックにお電話ください。乳腺エコーを含むコースは、初診の方でも電話予約可能です。乳腺エコーを含まないコースをご希望の方は、直接クリニックにお越しください。

インターネットでご予約されると、Tポイントが付与されます。

インターネット予約

インターネット予約がいっぱいの場合は……

  • ●乳がん検診を含まない婦人科ドックは、予約なしで全日受診可能ですが、待ち時間が長くなることもございます。
  • ●乳がん検診を含む婦人科ドックは、クリニックに電話にてご相談ください。

TEL 042-300-0011

電話やクリニック受付などで婦人科ドックをご予約された場合、Tポイントは付与されません。

子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となることが明らかになっております。このHPVは性交渉によって感染し、初めて性交した年齢が低い人や多くの性交相手がいる人に多く、最近では20才代の若年者において増加しているのが特徴です。

子宮頸部細胞診で早期発見が可能ですが、最近ではハイリスクHPVの有無を判定する方法(HPVテスト)も開発され、両方の検査を受けることが理想的です。当クリニックではHPVテストも施行しております。 頸部細胞診およびHPVテストのいずれを選択することも可能です。

検査内容
内診・子宮頸部細胞診
オプション:HPV検査・コルポスコープ

子宮体がん検診

食生活の欧米化にともない、子宮体がん(体がん)は増加しています。通常、体がん検査は50才以上もしくは閉経後で不正出血のある女性、あるいはリスク因子のある女性を対象に選択的に実施することが推奨されています。

検査は直径2mm程度の細いストローのような内膜細胞採取用器具を、子宮内に挿入して内膜細胞を採取します(内膜細胞診)。しかしながら内膜細胞診は強い痛みをともなうことがあり、まれではありますが検査により子宮・卵巣などに感染が起こり、入院治療が必要になる場合もあります。また不正出血などの症状を認めても、出血の状況・超音波所見により内膜細胞診が不要と判断される症例も数多くあります。さらに子宮頸がんの細胞診ほどは精度が高くなく、米国では実施されておりません。

一般に体がんは子宮内膜(子宮の奥)から発生するがんで、発がんすると子宮内膜が厚くなります。当クリニックでは経膣エコー(膣に挿入するエコー)を用いて、子宮内膜の厚さを測定して、できる限り内膜採取を避けることを心がけています。世界的には経膣エコーは内膜細胞診と同等の診断成績が報告されており、痛みをともなわず、感染の危険もない方法として期待されています。私どもは1980年代より経膣エコーによる体がん診断を考案し、その成績は産婦人科診療ガイドラインをはじめ多くの教科書でも引用されており、現在の日本の体がん超音波診断の基本的データのひとつになっています。また悪性腫瘍(がん)では、腫瘍内の血流が増加する事が知られており、内膜厚の測定とあわせて超音波による血流チェックも行います。そして総合的にリスクが高いと判断された方のみを対象に、子宮内膜の病理学的検査をおすすめしております。

よくあるご質問

1) いつ受診すれば良いですか?
閉経後や、閉経前の女性では月経直後は、子宮内膜は薄くなっています。この時期に内膜が厚い場合は、内膜に病変がある可能性があります。閉経後の方は随時、閉経前の方は月経4~7日目での検査が望ましいです。なお不正出血が持続している方は、すぐにご来院ください。
2) 超音波検査だけで診断できますか?
一般にがんの確定診断には病理学的診断が不可欠です。超音波法、MRI、PET-CTなど様々な画像診断が、がんのスクリーニングに応用されていますが、画像診断だけでは最終診断はできません。体がんにおいても、超音波診断だけでは確定診断はできず、臨床経過や超音波診断でリスクが高いと判断される方には、内膜採取による病理学的検査が必須になります。
3) 特殊な超音波診断装置を使用しますか?
特殊な超音波診断装置を使用しているわけではありません。当クリニックではGE社Volson P8およびSIEMENS社SONOVISTA FXを使用しています。
4) 超音波所見のみで判定していますか?
子宮内膜の厚さがひとつの基準として重要ですが、他に、問診(症状の状況・既往歴・家族歴など)・内診・視診所見などを総合的に勘案して判断します。
5) 診断しにくい場合はありますか?
子宮筋腫や子宮腺筋症などでは、内膜の描出が困難な場合があります。また閉経前の方は、内膜厚は月経周期と連動して変化するので、閉経後の方に比べて、判定するのが難しいことがあります。
検査内容
内診・経膣エコー
オプション:子宮内膜細胞診

卵巣は体の表面から触知することができず、がんが発生しても早期発見が難しいです。そのため卵巣がんの診断時は、その大半はⅢ期以上の進行癌です。当クリニックでは、卵巣がん検診として内診、経膣エコーおよびCA125測定(卵巣がんの70%で高値を示します)を実施しております。また悪性腫瘍(がん)では、腫瘍内の血流が増加する事が知られており、腫瘍を発見した場合は超音波による血流チェックも行います。

卵巣がんは子宮がんに比べて発がんの過程など不明な点が多く、定期的な検診を受けていても必ずしも早期発見できるわけではありません。しかし日常の診療で経膣エコーにより卵巣がんが早期発見されることはたびたび経験され、また卵巣を詳細に観察する事で、卵巣腫瘍の有無、将来のがん化の可能性についても予測できることがあります。特に、以前に、子宮内膜症や卵巣腫瘍を指摘されている女性は、検診を受けることをお勧めします。

検査内容
内診・経膣エコー・血流チェック・CA125

乳がん検診の基本は、超音波検査とマンモグラフィです。よく「超音波検査とマンモグラフィはどちらが良いですか?」という質問を受けますが、両検査は一長一短があり、優劣がつくものではありません。そこで両検査の特徴を説明いたします。

マンモグラフィ

乳腺のしこり、石灰化、乳腺のゆがみなどをとらえます。特に乳がんにともなうことのある石灰化を描出するのは得意ですが、小さな腫瘍は見逃すことがあり、若い女性では病変が見つけにくいとこもあります。理由として、乳腺組織は年齢とともに脂肪に置き換わり委縮していきますが、20‐30才代の方では乳腺の密度が高く(高濃度乳腺)、マンモグラフィでは正常乳腺自体が白くうつり、異常が隠れてしまうからです。また撮影時に乳房を圧迫するため痛みを訴える女性もいますし、微量ですが被爆の問題もあります。

超音波検査

ほとんどの病変が検出可能で、また乳腺の密度が高い(高濃度乳腺)若い女性に対しても有効ですが、細かい石灰化の描出は苦手とされ(最近の性能のよい超音波では石灰化も描出可能になってきておりますが)、また見つける必要のない病変まで拾い上げてしまう傾向にあります。

したがいまして、年齢にかかわらず両方の検査を受けられることをおすすめします。当クリニックでは年齢に応じて、以下のような検診方法をおすすめしています。

40才未満の女性
この年齢の女性では乳腺の密度が高く(高濃度乳腺)、マンモグラフィでは詳細に判断できない場合が認められます。またマンモグラフィの有効性に関する科学的根拠も40才以上の女性に比べると少なく、自治体の乳がん検診ではカバーされていない年齢です。この年齢の方には、まずは超音波検査をおすすめします。
40才以上の女性
多くの自治体で、2年に1回、マンモグラフィが受けられます。したがってこのシステムを利用されることをおすすめします。しかし40才以上の女性でも乳腺密度が高い(高密度乳腺)方はおられますし、小さな病変は見逃される可能性もあり、超音波検査もあわせて受けられることをおすすめします。マンモグラフィは自治体検診で2年に1度、超音波検査は毎年受けることで、より効率的に乳がんの早期発見が可能になります。
マンモグラフィと超音波検査の併用
最近、40代の女性を対象にマンモグラフィに超音波検査を加えることで、早期乳がんの発見率が1.5倍になることが報告されました(J・START試験)。
女性ホルモンを服用されている方
更年期症候群などで女性ホルモン製剤を服用されている方では、乳がんの増加が報告されています。ホルモン補充療法のガイドラインでも、治療開始前に乳がん検診を受けられることを推奨しています。定期的に、超音波検査と自治体のマンモグラフィを受けましょう。

当クリニックでは超音波検査により、乳房の検査を行います。腫瘍を発見した場合は、超音波による血流チェックや腫瘍の硬さをみるエラストグラフィを追加することがあります。超音波検査は、痛みをともなうことはなく、短時間 (5-10分)で終了する簡便で苦痛の少ない検査方法です。

検査内容
乳腺エコー

セット検査の内容

乳がん検診
5,600
乳腺エコー
子宮体がん・卵巣がん検診
7,200
内診・経膣エコー・血流解析・CA125測定
子宮頸がん・体がん・卵巣がん検診
13,000
内診・経膣エコー・血流解析・CA125測定・頸部細胞診・HPVテスト
乳がん・子宮体がん・卵巣がん検診
12,700
乳腺エコー・内診・経膣エコー・血流解析・CA125測定
乳がん・子宮頸がん・体がん・卵巣がん検診
18,000
乳腺エコー・内診・経膣エコー・血流解析・CA125測定・頸部細胞診・HPVテスト
  • ●乳腺エコー受付時間
    水曜日15:30~18:00
    金曜日 9:30~12:30
  • ※乳がん検診では、当クリニックを受診されたことのない初診患者さまも、電話にてご予約を承ります。
  • ※乳腺エコーを含む婦人科ドックをご希望の方は、この枠でご予約いただければ、検査は1日で終了します。
  • ※最近、乳腺エコー予約枠が一杯になっていることも多く、ご予約のない方は、受診できない場合もありますことをご了承ください。
  • ※費用には消費税が含まれています。

女性ドック

疾患の初期には、症状が現れないことが少なくありません。早期発見・早期治療、また、将来の発症予防にも検診は重要です。そこで当クリニックではヘルスケアの観点から4つのコースをご用意いたしました。

若い女性に多い疾患の早期発見を目的に設定いたしました。

検査費用
9,900
セット内容
血圧/体重測定・内診・子宮頸部細胞診・子宮頸管淋菌/クラミジア検査・経膣エコー(子宮筋腫・子宮内膜症・内膜ポリープ・卵巣腫瘍などの検査)
オプション:他の検査の追加も可能です。詳しくは各種費用をご覧ください。

※費用には消費税が含まれています。

ご結婚前に、ご自身の健康状態をチェックされることをおすすめします。

比較的頻度が高い性感染症に、妊娠時に問題になりやすい風疹を加えた感染症をチェックします。通常の血液検査に加え、若年女性でも問題になりやすい甲状腺機能もチェックします。子宮、卵巣をチェックし、がんはもちろんのこと、子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣腫瘍などの良性腫瘍のチェックもいたします。

検査費用
29,500
セット内容
○血圧・体重測定
○感染症関連:子宮頸管淋菌・クラミジア検査・梅毒・HIV・B型肝炎・C型肝炎・風疹抗体価
○尿・血液検査:尿・貧血・肝臓・腎臓・脂質・糖尿・甲状腺機能
○子宮・卵巣:内診・経膣エコー(子宮筋腫・子宮内膜症・内膜ポリープ・子宮がん・卵巣腫瘍・卵巣がん)・CA125測定・子宮頸部細胞診

※費用には消費税が含まれています。

※基礎体温を1カ月以上記録してご持参いただければ、解説させていただきます。基礎体温表は以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.kao.co.jp/laurier/original/index.html

中高年女性に発生しやすい病気の早期発見に努めます。

検査費用
21,000
セット内容
血圧・体重測定・内診・子宮頸部細胞診HPVテスト・経膣エコー(子宮筋腫・子宮内膜症・内膜ポリープ・子宮がん・卵巣腫瘍・卵巣がん)・乳腺エコー・尿・血液検査(貧血・肝臓・腎臓・脂質・血糖・CA125・女性ホルモン)・FRAX(骨折リスク評価)

※費用には消費税が含まれています。

必要に応じて4つのコースを提案させていただきます。

セット(1)
子宮頸管淋菌/クラミジア検査・膣分泌物培養検査(カンジダ・トリコモナス・他細菌) 6,400
セット(2)
セット(1)+HIV抗体+梅毒 9,800
セット(3)
セット(2)+咽頭淋菌/クラミジア検査 11,800
セット(4)
セット(3)+ヘルペス抗体+B型肝炎+C型肝炎 17,500

※費用には消費税が含まれています。