みずほ女性クリニック

緊急避妊・避妊リング

予期しない妊娠」が女性におよぼす影響は肉体だけではなく、仕事、生活、結婚などに大きくかかわってきます。きちんとした知識を持って、バースコントロールすることが必要です。避妊法にはいろいろな種類がありますが、自分のからだやライフスタイルに適した方法を選びましょう。

緊急避妊法「モーニングアフターピル」

コンドームが破れてしまったなどのトラブルの際は、72時間以内に服用を開始すれば避妊効果があるという緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)があります。緊急避妊ピルにはノルレボ法とヤッペ法があり、以下に効果と副作用を記載します。

効果と副作用の比較

 ノルレボ法(ノルレボ)ヤッペ法(プラノバール)
妊娠率1.1%3.2%
妊娠阻止率85%57%
副作用なし93.3%40.1%
吐き気23.1%50.5%
嘔吐5.6%18.8%

○Lancet 1998の報告より

妊娠阻止率とは?・・・・排卵日(危険日)付近での性交での妊娠を防ぐ率です。一方、妊娠率は月経周期を全く考慮せず、緊急避妊薬の服用後に妊娠してしまう率です。つまり、本当に危険日(排卵日付近)であればノルレボ法で約15%、ヤッペ法で43%が妊娠してしまうことになります。以上の報告から、当院では安全性、効果からノルレボ法による緊急避妊法をお勧めしております。

ヤッペ法:
5,000
ノルレボ法:
14,500

避妊リング

子宮内に装着する避妊リングには、銅(ノバT)やホルモン剤(ミレーナ)を付着させたものがあり、従来2年ごとの交換でしたが、5年間有効のものも発売されています。
避妊リングにつきましては、予約制となっております。

◎各種避妊法の失敗率(100人の女性が1年間に妊娠する率)

方法理想的な使用(%)一般的な使用(%)
経口避妊薬(OC)0.38
殺精子剤1829
薬剤付加IUD 銅付加IUD0.60.8
黄体ホルモン付加IUD0.10.1
コンドーム215
リズム法(オギノ式)1~925
避妊手術 女性0.50.5
男性0.10.15
避妊せず8585