Topics

新型コロナウイルス感染症についてのお願い

現在、新型コロナウイルス感染症が流行しております。ご来院の際には咳エチケットをお願いします。また可能な限りマスクの着用もお願いします。

当クリニックは多くの妊婦さんが来院されます。
クリニック内感染防止のため、誠に申し訳ありませんが以下のいずれかに該当される方の診察はお受けできません。

 37.5℃以上の発熱がある方
 せき、息苦しさなどの呼吸器症状のある方
 強いだるさ(倦怠感)がある方

該当される方は、まず各保健所または帰国者・接触者相談センターへご相談ください。
なお、妊婦の方に関しましては上記のような状態が2日程度続きましたら、念のため早めに保健所または 帰国者・接触者相談センターへご相談ください。

【帰国者・接触者相談センター】
多摩立川保健所 TEL:042-524-5171 (9:00-17:00)
東京都合同電話相談センター TEL:03-5320-4592 (17:00-翌朝9:00)

患者さまへのお願い6(新型コロナウイルス感染症について:妊婦さんへ)

  1. 1 2020 年 1 月から,中国(湖北省武漢)を中心にコロナウイルスによる肺炎が流行しています。1 月 31 日 WHO が緊急事態を宣言し、わが国でも2月1日から厳重に取り扱われる指定感染症となっています。
  2. 2 妊婦さんは本症に対しては、インフルエンザ予防と同様ですが、特に「人混みを避ける」、「頻回に手洗い・消毒(アルコール等)」、また、マスク着用などを励行してください。下記の『国民の皆様へのメッセージ(2020年2月26日厚生労働省)』を参照してください。
  3. 3 症状はかぜ症状と同様で全身倦怠感が強く出ることが報告されています。発熱が認められないものもあるとされていますが肺炎を発症して重症になっている例が報告されています。(特に高齢者)
    ●下記の症状を伴う時には各地域の帰国者・接触者相談センター(下記問合わせ先)へ電話で相談するようにしましょう。
    ▽かぜの症状や 37 度5分以上の発熱が2日以上続いている
    ▽解熱剤を飲み続けなければならない
    ▽強いだるさや息苦しさがある
    *新型コロナウイルス感染症と濃厚接触した方、流行地へ訪問あるいは流行地に訪問した方と濃厚接触した方で発熱・呼吸器症状のある方はすぐに相談センターにご連絡ください。
    *なお上記に該当しない方でも心配な方は、新型コロナウイルス感染症に関する一般窓口にお電話ください。
  4. 4 現時点では、妊娠中に感染すると妊婦さん自身の症状は(妊婦でない方に比して)重くなるという報告はなく、少数例ではありますが赤ちゃんへの感染はみられなかったとの報告が中国からありました。(判明次第、情報を追加します)
  5. 5 感染拡大防止の観点から、不要不急の外出は自粛してください。かかりつけの医療機関が、新型コロナウイルスを疑う患者の診察を行わない場合もありますので、感染への不安から相談センターを経ずに医療機関を直接受診することはお控えください。
  6. 6 感染は飛沫感染(咳、くしゃみ、つば)接触感染(手すり、ドアノブなどか らも含めて)で感染するとされており、潜伏期(うつってから発症するまで)は1日から12.5 日(多くは5から6日)と報告されています。またこの潜伏期でも(他人にうつしてしまう)感染力があることが示されていますので注意が必要です。
  7. 7 今後の国内での発症(流行)の状況は厚生労働省ホームページ、報道等で十分注意して情報を得てください。
◆国民の皆様へのメッセージ(2020年2月26日厚生労働省)
○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 妊婦、高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合、センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。
【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
〇なお当クリニックは多くの妊婦さんが来院されており、また設備の関係もあり呼吸器疾患の診療はいたしかねます。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

患者さまへのお願い5 (新型コロナウイルス感染症について)

これまで日本はまだ広範な流行期に入っていないとされてきましたが、2月14日以降、感染経路が不明な患者が増えており、二次感染・三次感染が発生している可能性が高いです。状況は刻一刻と変化しています。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  1. ① 発熱等の風邪症状が見られる時は、できる限り学校や会社を休み外出を控えてください。
  2. ② 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温測定をし、記録しておいてください。
  3. ③ 発熱や咳などの体調不良を感じたら、いきなり医療機関を受診するのではなく、まずはかかりつけ医に電話するか、かかりつけ医がいない場合は帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
  4. なお産婦人科医療機関は、新型コロナウイルスを疑う患者さんの診療を実施していません。

新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせ

下記に該当する方は直接医療機関を受診しないで、まず帰国者・接触相談センターにご相談ください。

  1. ① 発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さまあるいは新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者さまと濃厚な接触があった方
  2. ② ①が無くても、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続くか方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)のある方
    • *なお高齢者・糖尿病・心不全・呼吸器疾患の方、妊婦の方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗癌剤治療を受けている方は重症化しやすいので、上記症状が2日程度続く場合はご相談ください。
    • *上記に該当しない方でも、ご心配な方はコロナウイルス感染症に関する一般窓口にてご相談ください。
詳細はこちら

相談後、医療機関にかかるときのお願い

  1. ① かかりつけ医・帰国者・接触相談センターから受診をすすめられた医療機関を受診してください。
  2. ② 医療機関を受診する際には、マスク着用、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします
  3. なお当クリニックは多くの妊婦さんが来院されており、また設備の関係もあり呼吸器疾患の診療はいたしかねます。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

その他の情報

  • ◆国民の皆様へのメッセージ(2020年2月26日厚生労働省)
  • ○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • ○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  • ・風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
  • ※ 妊婦、高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合、センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

【相談後、医療機関にかかるときのお願い】

  • 〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

月曜日午前、火曜日終日、第1・3・5水曜日終日で、女性医師外来を開設しております。お気軽に受診してください。なおご予約が無い場合は、医師の指定ができないこともございます。

10月19日(金)よりインターネットによる、「WEB予約システム」を導入する予定です。

患者さまの待ち時間を少しでも短縮し、より良い診療環境の提供を目的に、10月19日(金)よりWEB予約システムを導入させていただきます。

1. 24時間、WEBにて予約可能です。
2. 当クリニックを受診されたことがない患者さまも、WEBにて予約を承ります。
3. 予約枠に空きがあれば、当日予約も可能です。
4. これまで通り、電話や受付での予約も承ります。
5. 当クリニックは完全予約制ではありませんので、ご予約のない患者さまもお気軽に受診してください。

導入当初はご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

5月から毎週月曜日午前中に、松本眞希子先生の診察を開始させていただきます。

4月から毎週火曜日に、百村麻衣先生の診察を開始させていただきます。