貴女のパートナードクターとして

津田 浩史

はじめまして。私は2013年3月に慶應義塾大学病院産婦人科を退職し、同年5月より国分寺の地でみずほ女性クリニックを開設いたしました。今後は長年の高次医療機関での専門医としての経験を生かして、地域医療に尽力していく所存です。

クリニックのモットーは、「頑張っている女性を応援するクリニック」と「専門医による地域医療」です。少子高齢化を迎える日本は女性のさらなる活躍が必須です。私は、学校・家庭・社会などあらゆる立場で頑張っておられる女性を、医療はもちろんヘルスケアの面でも応援できればと思います。病気はもちろん、病気とは言えないが様々な悩みをお持ちの方を、西洋医学と東洋医学を併用して対応いたしますとともに、予防医学的観点から、がんなどの大きな病気の早期発見にも努めてまいります。もし重大な病気が見つかった場合は、患者さまのニーズをふまえ、これまでの経験で得られた幅広いネットワークに基づき、適切な医療機関へのご紹介も行ってまいります。また「痛みの少ない診察」を目指して診察器具にも配慮し、また従来、強い痛みを伴った子宮体がん検診に、超音波断層法を導入することで痛みの少ない新しい検診方法を提案いたします。思春期から老年期まで女性の一生をトータルサポートさせていただければと願っております。

どんなことでも、お困りのことがございましたら、貴女のパートナードクターとして、気軽にご相談ください。患者さんに専門医による質の高い医療を気軽に受けていただけるよう、安心、快適なクリニックスペースをご用意してスタッフ一同お待ちしています。

院長 略歴

1986年
大阪市立大学医学部卒業
大阪市立大学医学部附属病院(972床) 産婦人科研修開始
1992年
大阪市立大学大学院医学研究課外科系専攻産婦人科学卒業(学位取得)
1993年
大阪市立総合医療センター(1063床) 産婦人科
(最終職位:婦人科・臨床腫瘍科・産科副部長)
2008年
慶應義塾大学病院(960床) 産婦人科卵巣腫瘍チームリーダー
(最終職位:専任講師)
2013年
みずほ女性クリニック開設

この間、

1996年
米国国立衛生研究所(NIH)留学
2002年
米国ハーバード大学ブリガム・アンド・ウィメンズホスピタル(BWH)留学
2012年
北里大学東洋医学総合研究所
2016年
東京都がん検診センター乳腺外科非常勤

資格

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本癌学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本女性医学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本産婦人科乳腺医学会
  • 日本乳腺甲状腺超音波医学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本和漢医薬学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • International Gynecologic Cancer Society

業績

特許

子宮体癌再発リスクを予測するためのバイオマーカー(2012-061067)

臨床実績

手術件数
:1,500症例以上(指導も含む)
分娩数
:1,000症例以上
化学療法件数
:250症例以上
セカンドオピニオン担当数
:40症例以上
担当臨床試験
:20件以上
治験責任医師
:2件
治験分担医師
:6回

講演

講演
:21回

執筆(共同著者も含む)

英語論文
:78本
日本語論文
:31本
日本語書籍
:30本
翻訳・英語教科書
:5本

学会発表(共同演者も含む)

シンポジウム/ワークショップ/パネルディスカッション
:40回
国際学会
:33回
一般発表
:223回

受賞歴

  • 大阪市長賞
  • 大阪市医学会賞
  • 第57回日本産科婦人科学会総会グッド・プレゼンテーション賞

メディア掲載

以下はメディアからの取材依頼によるものです。クリニックが掲載料を支払う宣伝広告用の記事は含まれておりません。

掲載記事一覧
百村 麻衣(火曜日終日担当)

患者さんから信頼される医療を目指し、高次医療機関の医療を提供します。

婦人科腫瘍・女性医学を専門としています。検診はもちろん、気になる症状がありましたらご相談ください。よろしくお願いいたします。

略歴

1996年
杏林大学医学部卒業、同大学産科婦人科学教室入局
2003年
学位取得

以後、
久我山病院、杏林大学医学部附属病院などに勤務。

2010年
杏林大学医学部 助教
2015年
杏林大学医学部 産婦人科専任講師
2018年
みずほ女性クリニック入職

資格

  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • がん治療認定医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 母体保護法指定医

所属学会

  • 日本癌治療学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本臨床細胞学会
松本 眞希子(月曜午前、第1,3,5水曜日終日担当)

女性特有の疾患に対する治療は、患者さん一人ひとりの状況、ライフスタイルに応じた選択が非常に大切だと考えています。高次医療機関での経験を生かし、患者さんに寄り添った医療を提供いたします。産科・女性医学を専門にしていますが、産婦人科全般につき診療いたします。
産婦人科は恥ずかしい、恐い……、と受診を敬遠してしまう方もいらっしゃると思いますが、どんなことでもお気軽にご相談ください。私自身も子育て中のママとして、皆さまをサポートできればと思います。

略歴

2004年
東京女子医科大学卒業
2006年
同大学産婦人科学教室入局

以後、
東京女子医科大学病院および、付属病院である八千代医療センター、至誠会第二病院などに勤務

2018年
みずほ女性クリニック入職

資格

  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医

所属学会

  • 日本産科婦人科学会